Europe Active

ヨーロッパアクティブは、ヨーロッパのフィットネス及び身体・健康活動をリードしています。

2021

Q3

心肺機能を上げるフィットネスが幼児の認知機能にプラスの影響をもたらすことが新たな研究で判明

2021年4月

イリノイ大学は、4歳から6歳までの子どもの心肺機能と脳の健康の関係を明らかにした研究結果を発表しました。この研究は、最近盛んにおこなわれている身体活動と脳機能の肯定的な関係を示す証拠の1つに加えられることになりますが、この年齢層におけるフィットネス状態と脳機能の関係を調査したのは初めてです。

本研究の結果は、成人と思春期前の子供を対象とした過去の研究結果を裏付けるものであり、その一部は身体活動と学業成績に関する最近の「WHOヨーロッパのアンブレラレビュー」のレビュー項目で採り上げられ、要約されています。

EuropeActiveとそのパートナーは、過去の「学校における子どものためのアクティブ・ラーニング」プロジェクトや、現在進行中の「HEPAプロジェクト」および「EUMOVEプロジェクト」を通じて、子どもの身体活動の促進に関する幅広い専門知識を保有しています。

Q3

EuropeActiveとDeloitte 2021年 欧州ヘルス&フィットネス市場レポートの主なハイライト

2021年6月23日、ベルギー・ブリュッセル

欧州ヘルス&フィットネス市場レポート第8版は、2020年を対象としており、新型コロナウィルス感染拡大が欧州のフィットネスと身体活動部門に与えた真の影響を明らかにしています。このパンデミックにより、各国政府はフィットネスクラブに対して複数回に渡る閉鎖期間を設け、中には年内営業日の40%から50%を閉鎖に追い込まれたというケースもありました。このことは、数十年にわたって継続的に成長してきた後の急激な落ち込みにも反映されています。

報告書によると、クラブの会員数は、2019年の6,480万人から2020年末には5,480万人へと、およそ1,000万人(15.4%)減少しました。

ヨーロッパのフィットネス事業者上位15社の2020年売上高は、26億ユーロの総売上高を達成した記録的な年であった2019年(282億ユーロ)と比較して、32.9%減の約189億ユーロに減少しました。それにより、最大手20社の会員数は、2019年に比べて90万人(7%減)減少し、1,230万人に落ち込みました。

フィットネスクラブの総数は1.4%減の62,775店舗に留まり、パンデミックの間、各国の政府が企業に提供した財政支援と密接に関連した緩やかな減少となりました。

他の多くの部門と同様に、デジタル化とエコシステムの拡大が2020年に加速しました。

家庭用フィットネス機器および付属品、デジタル製品/サービス、アウトドアソリューションでも大きな成長が見られました。

今後の成長機会とフィットネス・身体活動分野の成功に対する投資家の確信は、2020年にオンライン・オフラインを問わず、既存企業や新興企業を通じてフィットネスエコシステムの様々な部門に多額の投資が行われたことにより示されています。この投資の大部分は、アップル、グーグル、アマゾンをはじめとするビッグテックからの投資によるものです。

2020年には、合計854のクラブを対象とした16の主要なMergers and Acquisitions取引が登録され、3月までに505のクラブが所有権を変更しました。

Q2

フィットネスや身体的活動の分野を向上させるための規格をつくることの重要性

EuropeActiveは「Horizon 2025のマニフェスト」で、規格の設定を重要な柱として位置付けており、「フィットネスと身体活動分野の規格」の開発において主導的な役割を担っています。これに関連して、パンデミックによって加速した、デジタルフィットネスと身体的活動の提供という新しいアプローチに対応するために、EuropeActiveでは最近「フィットネスサービスのオンラインでの提供」資格を発行しました。この資格には、エクササイズの専門家がオンラインツールを使用して、安全かつ効果的な方法で専門的なタスクを遂行するために必要な専門能力が含まれています。

Q2

・ Eurostatが発表した最新の統計によると、EU加盟国は平均して医療予算の2.8%しか予防医療に費やしておらず、これは住民一人当たり平均82ユーロ(約¥10,700)の支出に相当します。イタリアは医療費の4.4%を予防医療に費やしており、EU加盟国の中で最も多く、スロバキアは0.8%と最も少なくなっています。

・ 欧州連合の医療予算の70〜80%が慢性疾患の治療に費やされていると推定されており、本来予防可能な生活習慣病のほとんどに約7,000億ユーロ(約91兆円)が投資されていることを考えると、この予防医療費の額は非常に低いものと考えられます。心臓病、脳卒中、糖尿病の少なくとも80%、また癌のおよそ40%は、正しい予防法を適用することで防ぐことができます。

・ EuropeActiveとそのパートナーは、欧州および各国の政策・意思決定者と協力し、「#BEACTIVE HOURキャンペーン」や「National Fitness Day for Europeプロジェクト」などの具体的な身体的アクティビティを促進する活動を実施することで、より多くの人々が、より頻繁に活動できるよう日々取り組んでいます。

ヨーロッパアクティブについて

EuropeActiveは、ブリュッセルにあるヨーロッパのフィットネス市場全 体を代表する非営利団体です。
メンバーシップは、経営者、ベンダー、国際的な協会、トレーナーやイ ンストラクター、教育機関、ライセンス認定機関を含む、すべての利害関係者(公的・私的を問わず) に門戸を開いています。ヨーロッパアクティブは、EU や他の国際機関と協力して、『より多くの人々 を、より活発に、より頻繁に運動をしてもらう』という目標を達成させることを目指しています。
ブラボーグループは日本におけるオフィシャルメディアパートナーです。

お問い合わせはブラボーグループまで。